×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KOFの鬼トップ

無料ゲームステーション!!Fun Fun Fun
なんというMMO!これで無料『巨商伝』! 完全攻略ゲームマスター
ホームNEOWAVEバイス

バイス

中距離でも近距離でも戦えるキャラですね。連続技もあるので 戦い方には困らないと思います。遠距離型のキャラが相手だと ちょっと戦いにくい感じがします。何気に攻撃力があるので気がつくと 相手のライフが少なくなってたりします。

牽制攻撃
リーチの長い遠距離立ち弱Kが牽制に向いてます。バイスの攻撃は手や足を 伸ばしきる攻撃が多いので中距離は戦いやすいと思います。 遠距離立ち弱Pは位置が高いのでジャンプ阻止に使えます。遠距離立ち強Pは リーチがあり判定も強いので動こうとしている相手を黙らせるのに使えます。

対空攻撃
しゃがみ強Pは真上に手を伸ばすので対空に使えます。 上手い人だと、近距離立ち強Kを対空に使ってくる人もいます。 無敵時間のあるブラックンド(41236+A or C)で相手のジャンプ攻撃を 避けながら投げるなんてテクニックもあります。 これが決まると「俺ってテクニシャン?」とか勝手に妄想します。

僕は、しゃがみ弱Kが使いやすくていいと思います。しゃがみ弱Kがヒットしたら しゃがみ弱P*2>弱メイヘム(214+A)>ミサンズロウブ(236+A or C)に繋ぎます。 ヒット確認が簡単でダメージもそこそこあるので便利です。 しかし、相手が投げキャラだとスカシ投げをされるかも知れないので投げキャラに対しての 多用は禁物です。

遠距離立ち弱Pを適当に出しておいても打点が高いのでジャンプ阻止になります。

飛び込み
投げキャラなので飛び込むだけでも相手にプレッシャーを与えます。
なので、出の早い弱Pなどを着地寸前に出すとスカシ投げと読み間違えた相手にヒット したりします。(雑誌だと弱Kの方が下に判定が強いと書いてあります) ジャンプ攻撃から相手を抑えこみたいなら強Pや吹っ飛ばしを使うのもあり。

投げ
投げと言うよりは打撃に入ると思いますがディーサイド(41236+B or D)は結構使えます。 相手と少し離れた位置から適当にばら撒いておくとダッシュして責攻めようとした相手にヒットします。 吹っ飛ばしやしゃがみ強Kを空キャンして使うと厄介です。

ゴアフェスト(632146+A or C)は、相手を地面に擦りつけながら走って 上に放り投げる技です。この技のいいところは、投げられた相手がダウン回避できないので 確実に起き攻めができます。見た目も「おぉーらぁー!!」って感じで気分爽快です!! 近距離立ち強Kがヒットしたらこの技に繋ぐと攻めを維持できます。

ブラックンドは、相手を投げるまでに無敵時間があるので相手が攻撃しているところを 強引に投げることができます。投げられるのを嫌がって暴れている相手には持って来いです。

テクニック

確実ヒート
なんとバイスはヒートモードを最高に活かすことができます。 バイス(マチュアも)にしかできなテクニックだと思いますが、ディーサイドは 技がヒットして相手が地面に落ちたときにダメージが生じます。 しかも、相手が地面に落ちるまでにバイスが動けるようになります。 ココを利用します。ヒートモードは、プレイヤーがヒートの時に相手が ダメージを受けると攻撃力アップするようです。

なので、ディーサイドがヒットして相手を投げた後、地面に落ちるまでに動けるようになった バイスは、相手が地面に落ちる瞬間だけヒートモードを使います。 すると、プレイヤーはヒートで相手にダメージという条件は満たしているのでディーサイドの ダメージがあがります。
このテクニックの利点は二つあります。

技が決まってからなので確実

一瞬だけヒートなのでローリスクハイリターン

近距離立ち強K(2段目)>→+A>弱ディーサイド
(相手が落ちる瞬間にヒート発動)

すり抜けウィザリングサーフェイス
相手の方に飛び込んで投げる超必殺技です。ノーマルは使いにくいのですが MAXは無敵時間が長いので相手が飛び道具をすり抜けることができます。 飛び道具のあるキャラが相手の時は、飛び道具を使いたくなるように わざと相手と距離を離して誘い込むのもありです。

相手が飛び道具を使ったらすぐに出せるように236236までコマンドを 入力しておけば相手が技を出したのを見たらボタンを押すだけで発動できます。

MAX2
オーバーキル
空中の相手を掴んで地面に叩きつけて空中からひざを落とす空中投げ技。 かなりカッコイイ技なんですが空中投げなので狙うのが難しく投げ間合いも 狭いのでなかなかヒットしません。相手がジャンプするときってジャンプ攻撃 しているので簡単には近づけないのでこの技はないものとして考えた方がいいかも。