×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KOFの鬼トップ

無料ゲームステーション!!Fun Fun Fun
なんというMMO!これで無料『巨商伝』! 完全攻略ゲームマスター
ホーム用語解説用語説明(な〜ん)

用語説明(あ〜と)

用語説明(な〜ん)

キングオブをやっているとよく使われる用語を説明します。 始めは理解しにくいかもしれませんが覚えると自然と使ってしまします。

二択
ダウンしている相手近くに立ち起き上がりに打撃攻撃や投げを狙うテクニック。 ダウンしている相手は打撃がくると考えてガードするが相手が投げを狙ってきた 場合は投げを食らうことになり、投げがくると思いジャンプなどすると打撃が当たって しまうなどどちらかでしか対処できない状態のことを言います。
二択に追い込まれたら心理戦になります。この心理戦が対戦で面白いところとも言えます。

ハメ
逃れようのない攻撃などをハメといいます。同じコンボを繰り返して終わらないコンボです。 別の言い方をするとA級コンボ(永久コンボ)と言ったりします。コンピュータ相手ならまだしも 対人戦でA級コンボを使う人はめっちゃ嫌いです。「A級も一つのテクニック」と考えている人も います。
A級コンボを使って勝っても嬉しくないし試合が全然面白くなくなってしまいます。

ヒット確認
相手に攻撃がヒットしているのがカードされているのかを確認すること。 ヒットが確認できていれば連続技を狙えばいいしガードされているなら スキの小さい技に繋いでフォローしたりします。 近距離立ち強Pなどが2段になっているとヒット確認がしやすいです。

待ち
自分からは攻めてこないで相手が攻めてくるのを待っている状態です。 ガードで固まっているのとは違い相手の攻撃に対して対処するだけ といった戦い方です。待ちの戦法が向いているキャラもいます。 自分の性格だとガンガン攻めたいタイプなので待ちキャラは苦手です。

無敵時間
必殺技や超必殺技の出始めなどにある攻撃が当たらない時間のことです。 無敵時間を利用することにより相手の攻撃中に強引に割り込むことができます。 無敵時間を有効に使い相手の攻撃を潰しましょう。

めくり
ジャンプで相手を通り越えた瞬間に地上の相手に攻撃をすると 地上の相手はガード方向が逆になります。ガード方向が逆になった瞬間に攻撃する テクニックです。キャラによってめくり攻撃のやりやすいキャラがいますので めくり攻撃のやりやすいキャラで練習して感覚をつかんでみてください。

有利ー五分ー不利
相手に攻撃をガードさせた後のや自分が攻撃をガードした後の状況を表します。 相手より早く自分が動ける場合は有利な状況です。
相手と同時に動ける場合は五分 相手の方が自分より早く動ける状況は不利な状況です。できるだけ相手よりも有利な 状況になるように攻めるようにします。

リーチ
攻撃が届く距離のことです。武器を持っているキャラは他のキャラに比べてリーチが長いです。 リーチの長いキャラは相手の間合いに合わせず自分の攻撃が当たる距離を上手く保って戦います。

ウィップ、ビリー、チャンがリーチの長いキャラだと言えます。その他にも山崎は手が伸びるので リーチが長いキャラに入ると思います。あとは足の長いロバートや体のでかい大門もリーチが長いと言えます。

レバーニュートラル
レバーニュートラルとはどの方向にもレバーが入っていない状態つまり真中になっていること を言います。ちゃんとコマンドを入力しているつもりでも技がでない時は一度レバーをニュートラルに 入れてから入力してみるといいかも知れません。ニュートラルに入れることにより読み込んでいるコマンドを リセットしてくれます。

割り込み
必殺技や超必殺技の出始めなどにそんざいする「無敵時間」(自分が攻撃を食らわない時間)を利用して相手の攻撃中に 強引に自分の攻撃を当てて相手の攻撃を潰すことです。 相手がどうやって攻撃してくるか読めた時に有効です。自分のどの技に無敵時間がついているのがを 知らないと使えないのでしっかりと覚えておく必要があります。

用語説明(あ〜と)