×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KOFの鬼トップ

無料ゲームステーション!!Fun Fun Fun
なんというMMO!これで無料『巨商伝』! 完全攻略ゲームマスター
ホームNEOWAVEユリ・サカザキ

ユリ・サカザキ

リョウの妹でありタクマの娘であるユリ。龍虎の拳で誘拐されていたときはとても 大人しそうな女の子に見えたのにKOFに出ているユリはおてんばなイメージが強いです。 ユリは、牽制攻撃に優れているキャラだと思います。牽制が届く中距離が一番戦いやすい 距離だと思います。

牽制攻撃
遠距離立ち強Pのリーチが長くて使いやすいです。遠距離立ち弱K、遠距離立ち強K しゃがみ強Kなどが牽制攻撃に向いています。牽制に向いている攻撃がいろいろあるので その場その場で上手く使い分けると効果的です。

リョウと比べるとユリの虎煌拳は出る位置が前方なので適当にばらまいて牽制にします。 しゃがみ強K>弱虎煌拳という感じで使うとしゃがみ強Kをガードした相手が動こうとした ところにヒットしやすいです。ユリの虎煌拳は発生が遅いので連続ガードにならないのがポイントです。

対空攻撃
空牙が対空に使えます。対空メインで使うなら弱がオススメです。
強は、前に少し前進するし発生が遅いので対空に使おうと思うとちょっとキツイかもしれません。 でも、無敵時間があるので相手の攻撃に割り込んだりできます。 手っ取り早い対空ならしゃがみ強Pがオススメです。
上に攻撃判定が結構使えます。 できるだけ相手にしゃがみ強Pを見せてジャンプをさせないよう意識させた方がいいですね。

飛び込み
飛び込みは、ジャンプ強Kが使いやすいです。めくりが狙えるので相手のガードを崩すのに使えます。 相手もジャンプして来そうなら横に判定の強いジャンプ吹っ飛ばしがいいと思います。

ちょっと変わった飛び込みとして雷煌拳を使うのもあり。 でも、着地してからしばらく動けないのでガードされると反撃確定になるので注意。

投げ
ユリの投げはどちらも投げた後に起き攻めができないのでどちらを使ってもいいと思います。 ユリの空中投げを持っているので上手く使うと非常に強力な武器になります。 相手のガードを崩すなら移動投げである百烈ビンタがオススメです。発生はちょっと遅いので 慣れている人には通用しませんがたまに使うとヒットします。

テクニック
基本コンボ
しゃがみ弱K>近距離立ち弱P>遠距離立ち弱P>強空牙>裏空牙

下段開始コンボでありノーゲージコンボなので非常に実践向きです。
弱Pの回数は相手との距離で調整してください。相手と少し離れているときは 近距離弱Pが遠距離弱Pになるのでそのまま空牙に繋いでください。 慣れると簡単にできるようになります。強空牙>裏空牙は、強空牙で一番高い位置に いるときに裏空牙の623+Cを入力します。このことを知らないと強空牙で着地したときに 入力だと思ってしまいなかなか裏空牙が出せません。

しゃがみ弱K>しゃがみ弱P>3B>飛燕鳳凰脚

慣れないと3Bを意識し過ぎて最初のしゃがみ弱Kが3Bになってしまったりすることがあります。 このコンボは、3Bまでは問題なくヒットすると思いますが間合いが離れていると3Bから飛燕鳳凰脚が 繋がらないことがあるので注意。でも、マスターしたら確実に戦力になります。

バック雷煌拳
接近している相手から離れたいときは、後ろに大きくジャンプしながら 強雷煌拳を使います。雷煌拳は弱と強で落ちる角度が変わります。弱の方が急な角度で 強は角度がゆるいので結構前に飛びます。位置としては相手の足元を狙うような感じで使うのがオススメ。

SCモード専用コンボ
しゃがみ弱K>近距離立ち弱P>遠距離立ち弱P>強空牙(1段目)
>(SC)飛燕鳳凰脚

ヒット確認が非常に簡単で便利なコンボです。ゲージ2本使うならMAX超必である しゃがみ弱K>近距離立ち弱P>芯!ちょうアッパーを狙った方がいいのかも知れません。 と言っても芯!ちょうアッパーは結構間合いが狭いので相手との距離が離れていると カス当たりになることもあるので飛燕鳳凰脚に繋ぐ方が確実でいいと思います。




    オススメ

    THE KING OF FIGHTERS FIGHTING EVOLUTION 10th

    画集としてだけでなくキャラクターのプロフィールなどもあるので 見るだけでなく読むのも楽しめる!ヒロアキさんの表紙がまたカッコイイ! KOFが好きな人にはたまらない一冊です。

    ザ・キングオブ・ファイターズ ネオウェーブ
    オリジナル・サウンド・トラック


    ゲーセンでは聞きにくいBGMを家でゆっくり楽しめます。 僕は、キャラクター選択画面のBGMが好きですね。