×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KOFの鬼トップ

無料ゲームステーション!!Fun Fun Fun
なんというMMO!これで無料『巨商伝』! 完全攻略ゲームマスター
ホームNEOWAVEクラーク・スティル

クラーク

相手のガードなんて無視してガンガン投げることのできる投げキャラですね。 打撃の性能も悪くないので「打撃で固めて投げる」流れになります。 投げキャラはテクニックも必要ですが他のキャラと比べて心理戦が重要になります。

牽制攻撃
鋭い角度を持つ空中吹っ飛ばし攻撃が使えます。判定も強く、角度が鋭いので 潰されにくいところが優れています。相手を固めるには非常に便利です。 あとは、リーチの長い遠距離立ち強Pがいいと思います。 パンチを出す位置がやや高いのでジャンプ阻止になることもあります。

対空攻撃
クラークの対空攻撃はその場に応じたいろいろなのがあります。
状況に応じて上手く使い分けることが有利に戦うための鍵です。

前方ジャンプ強K
やや上に向かって蹴るので自分より高い位置にいる相手に当てることができます。 しかも、足をしっかり伸ばしているのでリーチが長いです。

ナパームストレッチ
ジャンプして空中にいる相手を投げる技です。攻撃力は結構あるのですが 無敵時間もなく、判定があまり強くないので相手に潰されることが多いです。 相手のスカシ投げなどを読んだ時に使うのが有効です。

フランケンシュタイナー
相手の首に足をかけて投げる技です。技の発生が遅く空中にいる相手は 投げれません。しかし、発生が遅い分無敵時間があります。 この無敵時間を活かして対空に使うのです。相手のジャンプ攻撃が自分に当たる 寸前にフランケンシュタイナーを出し、無敵時間でジャンプ攻撃を回避します。 相手が着地したころに技が発生して相手を投げることができます。 ただし、スカシ投げをしようとしている相手に使うと自分が投げられて痛い目にあいます。

飛び込み
クラークの飛び込みだけで相手にスカシ投げかジャンプ攻撃のプレッシャーを与えれます。 相手を固めたいなら空中吹っ飛ばし攻撃でOKです。 相手が打撃を警戒して固まりはじめたらスカシ投げをします。
このスカシ投げと空中吹っ飛ばしの2つで十分に攻めることができますが 吹っ飛ばし攻撃はヒットすると相手との距離が離れてしまいます。

そこで、便利なのがジャンプAです。下に攻撃判定が強いので使いやすく ジャンプAがヒットした場合は近距離立ち強P(1段目)>スーパーアルゼンチンバックブリンガー に繋ぐこともできる優れものです。

投げ
クラークの投げはなんと行ってもスーパーアルゼンチンバックブリンガーですね。(以下SAB) 投げ間合いがあり、攻撃力もあり、相手を画面より高く投げる豪快さがポイントです。 相手を地面に叩きつけた後、236+A or Cでエルボーで追撃することができます。

マウントタックル
相手にタックルをします。ヒットすると相手の上に乗ります。その後、追加コマンドで 3つの技に変化します。追加コマンドは↓↓+Cが便利です。 相手に投げ抜けされないことと追撃の中で一番攻撃力が高いことが言えます。 しかし、マウントタックルは打撃投げなのでガードされるので注意が必要です。

テクニック
画面端ナパーム
画面端に追い込んだ相手は投げを嫌がってジャンプすることが多いので ジャンプするのを読んでナパームストレッチを出すとヒットしやすいです。 しかし、ナパームストレッチは打撃を出されると弱いので相手がジャンプ攻撃を 出す前(ジャンプの昇り)に合わせると潰されるとこは回避しやすいと思います。

当てフランケンシュタイナー
これは僕がかなり使うテクニックなんですが相手にジャンプAをガードさせて クラークが着地したらすぐにフランケンシュタイナーを出すとかなりの確率で ヒットします。ヒットしやすい理由は

相手はジャンプAの後に何か攻撃されそうで動けない

発生が遅いので相手を投げるころにはガード硬直が解けている

無敵時間が長いので攻撃されてもお構いなしに入る

などの理由があります。 ジャンプA>近距離立ち強Pを何度かガードさせておいて相手に「ジャンプAの後は強Pがくる」と 意識させておいてからだとさらにヒットする確率があがります。(これぞ心理戦!!)
相手がこのテクニックを知っていた場合は回避されますが知っていても結構意識していないと 回避できません。クラークを使うならこれはマスターする価値がかなりあります。

起き攻め
SAB>追い討ちの後はダウンした相手の目の前に立てます。 相手は、投げられることを嫌がって打撃をしてくるなどして暴れます。
なので、相手の起き上がりに近距離立ち強P(1段目)>SABを重ねます。 ガードされても相手は強Pをガードしているため、ガード硬直ですぐには動けないので それほど大きな反撃は受けないと思います。 相手が投げキャラの場合は逆に投げられるので注意が必要

一度近距離立ち強P(1段目)>SABのを食らった相手は次も起き上がりに強Pを 重ねられると思い起き上がりにガードしたくなります。 相手はさっき同じように近距離立ち強P(1段目)>SABを食らうのを恐れます。 なので、相手の起き上がりに何もしないで打撃をビビっている相手を普通にSABで投げるたり フランケンシュタイナーを重ねたりすると相手は起き攻めの回避をしにくくなります。

この他にも、当てフランケンシュタイナーやスカシ投げを組み合わせると 更に回避が困難になります。投げキャラは心理戦なので相手がどうやって逃げようとしている かを読む必要があります。相手を思うように投げれるときは瞬殺可能です。しかもめちゃめちゃ楽しいです。 相手にとっては「こいつ鬼かっ!!」って感じかも知れませんね。