×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KOFの鬼トップ

無料ゲームステーション!!Fun Fun Fun
なんというMMO!これで無料『巨商伝』! 完全攻略ゲームマスター
ホームKOFXl共通テクニック

共通テクニック

キャラクター全員に共通しいるセービングシフトなどの システム関係のテクニックを紹介します。

2択回避
投げキャラを相手にするとよく分かるのですが 起き攻めされるときに打撃なのか直接投げを狙ってくるのか 迷うときがあります。今までは起き上がりにジャンプして 回避できたのですがXlではリバーサルでのジャンプができなく なってしまっています。

でも、今回はジャンプではなく リバーサルバックステップができます。
リバーサルジャンプ同様に 投げは回避できるうえ打撃だった場合でも空中ヒットになるため リスクをかなり抑えることができます。 庵の起き攻め屑風などの対処には非常に使えます。

セービングシフト
攻撃を受けている途中で交代できるため 相手のコンボを途中で回避することができます。 攻撃途中の相手に交代攻撃をするのでカウンターが狙いやすく 追撃できるメリットがあります。攻撃している途中に逃げられて 攻撃されて追撃されたらたまったものではないですね。

体力に余裕がある状態なら技と相手にスキを見せて 近距離立ち強P>→+A>超必殺技を狙わせて→+Aのところで セービングシフトして超必殺技をスカらせて相手にスキを作らせる なんてこともできるかも知れません。

でも、頭のいい人ならこっちがセービングシフトを狙っていることを 読んでセービングシフトできないように超必殺技を直でやられるかも しれないですね。このぐらい先読みしながら対戦ができるようになると かなり白熱しそうです。

画面端でのめくり
通常だと相手のダウンさせた場合相手は自分の方に足を向けた状態で ダウンするのですが一部自分の方に頭を向けた状態で相手をダウン (僕は逆向きダウンと呼んでます) させることができる技を持ったキャラがいます。京の一刹背負い投げや ラモンのタイガーネックチャンスリーなどがあります。

この逆向きダウンのいいところは画面端で威力を発揮します。 相手の起き上がりにジャンプ攻撃をするときに普通のジャンプ攻撃にするか めくり攻撃にするかで2択をかけることができます。スカシ下段も入れれば 3択になります。やったことがない人は分かりにくいと思いますがかなり 簡単にめくることができます。やられた場合はガード方向がガード方向を どっちに入れたらいいのか分からなくてかなり混乱します。

ジャッジメーター
タイムオーバーになったときの勝敗を分けるのはジャッジメーターです。 相手に攻撃をヒットさせたりしていると自分の方へ傾きます。 このメーターに関係してくるのがリーダーが残っているかどうかです。 同じ体力の相手でもリーダーがいる方といない方だとリーダーが残っている 方の勝利になるので体力が少なくなっていても リーダーはできるだけ倒されないようにする必要があります。

暴発防止
先行入力のときに必殺技とコマンドが重なってしまい 出したくないときに必殺技が出るのを防ぐことができます。 例えばクラークの近距離立ち強P1段目キャンセルウルトラ アルゼンチンバックブリーカーは普通に入力するとかなり 難しいので近距離立ち強Pを63214+Cで出すせば もう一回63214+Cでウルトラアルゼンチンバックブリーカー のコマンドが完成するため簡単に出すことができますが クラークは63214+AorCでシャイニングウィザードに なってしまいます。 なので、近距離立ち強Pを63214+CE同時押しで 出せばシャイニングウィザードが暴発せず近距離立ち強Pを 出すことができます。

今までのKOFならボタンを何か押してある状態だと 通常攻撃と特殊攻撃しか出せなくなっていたので 例えばクラークのジャンプ弱Pから 近距離立ち強P(1段目)>UABをやるときは ジャンプ弱Pを押しっぱなしにするだけでよかたんですが Xlはボタン押しっぱなしでも必殺技が出せてしまいますが 同時押しの時のみ暴発防止ができるようです。